Home » ベランダ栽培 » 発泡スチロールプランターでベランダ栽培

0

九州、大分も今日から天気が悪くなってきました~。でも、寒くない
雨が降りそうで、降らないくもり空。明日は、雨っぽい。

さてさて、我が家の狭いベランダにある発泡スチロールプランターをご紹介。
ベランダで育てているのは、バジル。パスタの常連さん。
発泡スチロールプランターの大きさは、40×60cmほど。深さが、約35cmかな。
よくお魚等を氷詰めにして運ぶ容器がありますよね。
蓋があるやつ。そうそう、そんな感じの大きさの発泡スチロールあるでしょ。

発泡スチロールでバジル栽培

このバジル。以前、ご紹介してから約14日間が経ちました。
まだまだ元気。頭の部分を切ったので、がっつり太く横に成長しています。
うん、理想の体型になりつつあります。
気候的に寒くなってきたので、種をつけようとしています。頑張れ!

こんだけ長く、大きく成長してくれれば言うことなし。
十分楽しむことができます!

室内栽培しているサニーレタスを間引いて、こっちの空いている
スペースに移植しようかな。うん、そうしよう。
最近の葉物野菜は、えらく高すぎる。
レタスが、230円。都会では、もっとか?400円?超えるのかな?
それは、あっちゃならん金額と言いたいぐらい高い。

で、あるならば。自宅でできる範囲の栽培を楽しみながら
食べながらするのが理想。
十時さんが言っていました。

「栽培するのに100%を求めないこと」
「自然に100%は、ない。」「誰にも予測できない。」
「程良く楽しもう」っと。うん、納得。だから、気楽に取り組むぐらいがちょうどいいです。

そうそう、十時さんがなんと「園芸教室」を開いてくれるようです!Wow!
しょっちゅう、お邪魔している自分としては、日々が教室。笑
ありがとうございます!

十時花園の園芸教室(平成23年11月20日 日曜日)のお知らせは、←こちらから。

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

ベランダから空に咲くバジルの花
ベランダの発泡スチロールプラに移植栽培
発泡スチロールプランターでシソの葉栽培
賑やかなシソの葉ベランダ栽培2ヵ月半後
失敗から学ぶ 春まきほうれん草#2
成長中 カボチャ#3

コメント