Home » 育て方 » さて何しようと遊ぶ

0

あっ、11月
いいのか、どうなのか、栽培をあらゆる視点から遊んでみます。IT,工藝,販売,ものづくり..どこに行き着くも何も得られるというか、その「ふり幅」に遊びが育まれてはいないか。「何を植えよう..」よし、っと近所の店舗さんへ散歩してみる。すると何もない。念頭にあった野菜..食料がない。笑 花々一色。まっ、そういうこと。

広々と見回す

汲み取る

ないモノという感覚から、「ないトキ」はないに、シフトしていく。時間。府に落ちるとき..そこにそのモノとの出逢いも生じているような気がします。自然体に..

紫草の葉

気持ちという感覚

その瞬間..その時に、触れてみて、響動けば、それはそれなりに。何かしら進みます。笑 なので、何かしら進んでいるわけで、そこにあるべき面白みに遊べているか..妙な「何かしなきゃ」の変な循環に至ってはいないか。言い換えると無理やりな自身。辿ると、頭で思考されすぎた動作。笑 っと、言葉あそび。さてさて、この間テレビで「ミニ白菜」をみました。おお、いいなあっと共鳴。葉物を庭先でしてみるか。どうなるんだろう..うん。こんな感じに。

腐葉土2017秋

腐葉土づくり

ほったらかし..どうなりますでしょうか。
面白そう..




この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

水のやり方が霧吹きから変わるとき
自家栽培を新たな視点で面白く
ヤッテしまった元気すぎるベビーリーフ
日本庭園に學ぶ栽培
コンクリート脇に自然と咲く野花
太陽光に染まる緑色
育てたい食べたい気持ちと出逢う
お庭で腐葉土づくり約1ヶ月間
1年後の腐葉土の姿はあたたかい
タグ:

コメント