Home » 自給自足 » 庭の手入れに感じ得る

0

庭掃除..を少しずつ、始めることにしました。何をって、腐葉土づくりを筆頭に、雑草取りからはじめてみています。日に日に、何が、雑草で何を取るのか、生かすのか..と迷子。考えていくとわからなくなるので、気の向くままに、「居て欲しい」植物は、そのままに。そうでないものは、腐葉土へ。

赤色の椿の開花

「あれ..っ」とあることに遭遇しました

白色の椿開花2018

白色の椿..あれ、去年咲いていたかな..。記憶は、曖昧だ。記憶では、all赤色だった気がしているのですが、白色は..。どこか、ありがたい気分。

腐葉土の足元には、カブトムシたちがごろ寝していて、どうなりますやらと..新たな仲間たちも少しずつ参入してきています。

コケ類

なんだかよくわからないのですが、「なんかいい」ので、コケ類を庭に、ポンポンと配置しています。どうなるのか、わかりませんが、どうなるのかをみてみたい。

庭の手入れにみるもの

なんとなくの「進化..」

なんのことないことですが、根づくと色味に彩りがまします。うん、いい感じ。「うだ〜っ」としていた姿勢が、「シャキッと」するわけです。ふむふむ、地に足がついたとは、こういう感じかっと。活気を感じられます。

2018年..どういう年に..

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

どこまで、どうなる自給自足
霜だし寒いわけで自給自足って
芽がいっぱい分からない面白さ
自給自足の時季到来
庭で身近に収穫菜園
1年後の腐葉土の姿はあたたかい
タグ: ,

コメント