Home » 野菜 » 旅路栽培における春菊の浸水栽培

0

4-5日旅に出ることになりました。
そのため、目の届かない環境になります。
さて、どうするのか?
そこに力を爆発的に発揮する黒土の力です。

春菊の浸水栽培

旅路栽培

いざ旅行に出かける際に、手塩にかけている植物や野菜をどうするか?
う〜ん、知人にお願いするか。諦めるか。
栽培するか。で、悩むことは、「栽培できるのか?」
愛用している黒土の力は、問題なし。笑
なぜか?「水に浸っていても、根腐れしません」
そのため根や土が、水に浸水していても大丈夫なのです。
まっ、観てみましょう。どうなりますやら。笑

春菊の室内栽培

なぜ、春菊か…

種植えから、約30日が経っています。
育ちが、順調?葉も、茎も頑丈そうに思えたので…それだけ。笑
経験は、これからだっ!やってみれ!
戻ったら、どう育っているのか。楽しみです。
感謝




この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

残暑室内の野菜栽培にご注意
タッパ栽培のサンチュの根をブチブチ
約2ヶ月後の水菜は収穫時期か
室内野菜14日目に春菊の本葉現れる
2年越しに息の長いミニトマト栽培
2年越しのミニトマトに習う栽培
ほうれん草の実りは種に
窓際プランターでレタスの放置栽培
芽が出た室内ミニトマト
タグ:

コメント