Home » 野菜 » ほうれん草の実りは種に

0

自然とほうれん草は、実り葉を収穫とは至れませんでした。
はて、なぜか。葉のサイズがどうも収穫できるサイズに至らず
気がつくと実というか、種がつき始めていました。

ほうれん草の室内栽培

次の世代に実る種

「いいほうれん草ができなかった…」というのは、事実
それで、実を種につないでいる現在。はて、これは、何なのか。
枯れるわけでもなく、実を種に。
思うことは、実った種を次の世代に生かしてみること。
黒土という環境に、どこか馴染めなかったのか、又は気候が少し早すぎた
あたたか過ぎたのではないかと感じています。

その環境を生きた種が、次にどう生きるのか、観てみたいです。
良い種となりますように。笑

種を付けるほうれん草




この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

葉もの野菜のサンチュを栽培
2年目でも実るミニトマトの栽培
食べごろを魅せる野菜たち
約2ヶ月後の水菜は収穫時期か
2年越しに息の長いミニトマト栽培
2年越しのミニトマトに習う栽培
黒土で育てる室内ミニトマト
窓際プランターでレタスの放置栽培
芽が出た室内ミニトマト
タグ:

コメント