Home » 室内栽培 » ほうれん草の種をタッパに蒔く理由

0

2012年いい年にする!!

2011年の歩みを振り返る

  • 途中で歩みが止まった
  • 内容がマンネリ化してきた
  • 飽きがきた

イカン、イカン。はてはて、原因は、何か?

  • 楽しみの喪失
  • 方向性の希薄

この二つだな~。多分
ちと新しい年、心機一転だ。
上記内容は、今晩考えるとしよう。笑

動きながら考える

ほうれん草の種を蒔く

手のひらサイズのタッパプランターに、ほうれん草の種を蒔きました。
ただただ、ほうれん草を入れたみそ汁が食べたくなった。笑
理由は、そんだけ。
数多くは、必要ない。あと、ほうれん草を室内で栽培するのは、初めて。
どうなるかは、未定。
小松菜も育ったし、「問題ないだろう」と勝手に予測

まあ、取り組みながら先のことを考えてみようとまず
種まきから。昨年は、種をびっしり蒔きました!!

どういうことかというと

生きる空間が、大事

タッパや空き瓶で、色々と室内栽培を昨年試みて
痛く感じたことは、「欲張るな!!」ということ

ただでさえ、スペースがないのに
種をぎゅうぎゅう詰にして蒔いたんです。
だいだい窮屈だろうな~と感じつつも「やらなきゃすまない」このアンポンタン。笑

今年は、違う事をする

えらいこと書いていますが、ただ十分なスペースを持つことだけ。笑
まっ、もう一つ付け加えるなら「楽しむ」ということですね。

きれいさっぱり我が家の室内菜園場

我が家の室内菜園場

我が家の室内菜園の場をきれいさっぱりにしました~!
なぜって、新年だし。色々あるし・・・。笑

よしよし、整理整頓だ。ちと遅いかもしれませんが
ひとつひとつです。いざ、2012年!!

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

16日目のはつか大根は
窓を閉め切っての室内栽培は要注意
ミニプランターで水菜の室内栽培記録25日目
たった一粒の水菜の種と小さなプランター
ペットボトルのフタでミニトマトを種から発芽
室内穴無しプランターでの水のやり方

コメント