Home » 室内栽培 » ペットボトルのフタに大葉とミニトマトの種蒔き

0

室内栽培を考える

こうも雨が続くと露地栽培は、大変だと痛感
いい、わるいは、一切なく人間知恵だ。うん。
その為の環境を整えてあげる。
その為に、少しでも面白そうに育ってくれると面白い。笑
そのツボは、自身の触覚だ。さてさて、どうなりますやら。

ミニトマトと大葉(青しそ)の種をペットボトルのフタに蒔いてみました
一度、経験したことあるので、できないことはないかと。笑
多分。まっ、もう一回やってみよ〜う。

ペットボトルのフタを使って発芽

水まきが面白い

何が、って
霧吹きを一度噴射したら水がかなりまかれている。笑
こりゃ、面白い。霧吹き=少々のつもりが
そんなことはない。結構しっとり行き渡ります。

小さなフタに種蒔き

種蒔き日は、2015年7月14日(火曜日)の早朝

お天気は、太陽が見えたと思うと、あれ…
そうでもない暑さは、じりじりと近づいているのがわかります。
それでも日々成長する植物たちは、凄いです。
先日、女子サッカーチームの日本代表(やまとなでしこ)が、ひとつの単語で自身を例えると…
という質問の解答が印象的でした。
「植物かな…」、素敵。自然体だ。

植物のように、自然のように。
そうありたいと思います。感謝

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

4日目室内ではつか大根栽培中
5日目ラディッシュ2cmから3cm
栽培11日目の室内ラディッシュ
小松菜を室内で栽培27日目
味噌容器プランターにラディッシュ
窓を閉め切っての室内栽培は要注意
室内の瓶プラ約2ヶ月半 培養土を考える
水菜君やっぱり発芽してくるのねっ
2年もののミニトマトがジャガリコで生まれる
タグ:

コメント