Home » 室内栽培 » たった一粒の水菜の種と小さなプランター

0

ひと粒の水菜の種から

あっ、あかん。更新できてない。笑 何をやっておるのか?怒!
自分で突っ込んでおいて、言うのもなんですが、手間暇かけています。笑 室内栽培を続けてきてから、1年が過ぎます。葉物の栽培が多いです。なぜって、すぐに、簡単に食べたいから。特に何も考えていない。食べたいものを育てる。ただ、それだけ。

たった一粒の水菜の種と小さなプランター

そんな理由から、いったい一つの種でどこまで水菜が成長するのか?それとこのめちゃ小さなプランター容器で・・・そもそも育てられるのかと気になっていましたが、悪かない。見ての通り↑、成長してるやないの!

超ミニプランターの注意点

小さいプランター(穴の無い)で、注意することが一つあります。これ、要注意。水分補給!特に日当たりの良い場所の場合。水分補給をしっかりしておかないとダメ。一日、夕方帰宅するとカラカラ状態です。でも、2時間後には、復活!さすが、黒土の力。生きてるね~!

ミニプランターで水菜栽培中

うん、まだまだ力強い。もう少し、眺めてみるべし!

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

栽培14日目のはつか大根観察
早いぞ小松菜2日目の栽培で発芽
室内小松菜1日で2cmUP
つんつん伸びる小松菜プランター
ほうれん草の種をタッパに蒔く理由
予想を超え発芽した水菜の種
自家栽培がふくむ室内栽培の面白味
地面から這い上がる室内ミニトマトの生き方
約3日間で水菜とサンチュが発芽
タグ:

コメント