Home » 室内栽培 » 水菜とサンチュの発芽成長が面白い

0

面白いのもふくめて、とにかく、早い…

昨日ご紹介したのは、発芽日。約3日で発芽でした。
ちなみに、今日は約4日目…って、どうなのか。

約3日間で水菜とサンチュが発芽

発芽後の水菜とサンチュの成長

左手の和紙プランターに植えているのは、水菜。
右手のタッパで発芽して成長しているのが、サンチュ。
簡単に、一日で約1cm近くの成長です。えっと、どうしようかな〜っ。笑

水菜は、経験があるので、このままスクスクと成長してもらおうかと。
サンチュは、初めての事。レタスと同じかな?うん、多分。
もう少し、成長して、落ち着いたら和紙プランターに移植してみます。
それにしても、お早いこと。面白い!

水菜とサンチュの室内栽培

若干、ぼんやりピントが、ピンっとしていませんが
伸びようとしている光景を後ろから、一枚。
後ろからというのも、おかしな表現ですが、
習性に、太陽に向かい育つ姿勢がそこにあります。
自然と葉が顔として、顔が自然と太陽に向かうわけです。
はて、なぜでしょうね。

太陽光の必要性

ここで取り組んでいる室内栽培の光は、基本的に、太陽光です。
栽培スタイルに、自然体であること。これを基本としています。
元気に育つ上で、人間も同じですが、暗闇にずっといると不思議とそれに沿います。
不思議ですが、なんともそれが自然体。色合いも然り。
我々のお肌と似たところがあり、太陽を浴びると褐色に元気を感じます。
白いと「どう..」とかではなく、そこに元気を感じるかどうか。
個々には、個々のスタイルがあって自然。やってみるのが一番です。
最近、栽培を通じて感じることがあります。

栽培は、自心の栽培かと…

感謝

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

ムキムキ40日目のラディッシュ断葉式
ラディッシュに土をコンモリ盛る
モロゾフプリンとコケ類をマッチング
スイートバジル種植えから3日後には発芽
室内の水菜ミニプランター間もなく収穫時期
2年もののミニトマトがジャガリコで生まれる
台風とサンチュの発芽成長を見守る
ベビーリーフの栽培で約1ヶ月の姿
約39日目のベビーリーフの成長
タグ: ,

コメント