Home » 育て方 » 自然体に腐葉土を育む

0

庭ができて、庭の散髪をごっそりとしていました。数年分、あるのではないでしょうか。笑 すごい山盛りになってしまいました。

腐葉土にするぞ2017Sep

草木は、宝

各拠点にあるゴミ捨て場..。そこでよく草木が袋にまとめて入れられている場面に出逢います。燃やせないことや野山が身近にないので捨てられなかったり..。ゴミ捨て場が、自然とそうなるわけか..。

自然と野山を触れていると自然にある光景。それは、自然の営み(循環)。自然が自然に還る。自然の営みが、草木を食す?笑..どこかそんな感じ。その営みは、自然・大地に恵みをもたらす。どのような恵みか?「エネルギー・栄養」です。そもそも、草木は、大地から「エネルギー・栄養」を得て育まれています。つまり、その草木は、それ同様。つまり、「一(いち)」、「一体にある」

実体感

十時花園さんで体感しました。「腐葉土づくりに5年かける」だから、やってみる。よしって、実は、2017年の5月ぐらいから蓄積をさせています。今回は、山盛りに草だらけになりました。おまけに、木々も散髪してしまいました。で、こうなりました。

木々をカットして腐葉土に

木々は、少々お時間を要しそうですが、そんなのへっちゃら。ハナっから数年スパンです!ジワ〜っと観察させていただきます!左手には、家庭菜園。ナスとゴーヤとキュウリ。もうとっくに収穫時期は過ぎています。これからどうしようかなっ..。室内にも何か..「いざ、自給自足っ」葉物や根菜類..うん。やってみるべし!どこまで、やれるか。

工夫の日々だ。よし、いざ




この記事を読まれた方は、こちらも読まれています:

育て方から気づく学美(まなび)
面白そうを感じる育て方のコツ
種の蒔き方と水のやり方(発芽まで)
植物バジルが水を求めている姿
育て方楽しみ方はワクワク感との出逢い
なぜ栽培は難しいと至るのか?
栽培は理屈ではない自然体
育てたい食べたい気持ちと出逢う
さて何しようと遊ぶ
タグ:

コメント